COMPANY INFO

グループ会社

株式会社ニラク・メリスト

はじめに

ニラクは2010年2月、障がい者雇用を推進する特例子会社「株式会社ニラク・メリスト(以下、ニラク・メリスト)」を設立しました。
ニラクは「地域社会の発展に寄与します」という方針に基づき障がい者雇用に力を注いでおり、ニラク・メリスト設立前から法定雇用率は達成していましたが、数値のみならず、障がいをお持ちの方たちが職場でイキイキと働いている状態を探求しています。更なる環境の整備や職域拡大に柔軟に対応出来るメリットを活かすために、ニラク・メリストを設立しました。
社名の“メリスト”とは「陽気な」「快活な」を表す英単語の最上級merriestを基に、人を表す末尾istへと置き換えた造語です。ニラクの「明るく・楽しく・面白く」という経営理念にからめて名付けられました。

業務内容 ホール・バックヤード・敷地内の清掃  
店舗での除草作業
社宅および研修センターの清掃・管理  
アグリ事業
郡山市のアイラブロード事業参加
活動場所 ニラク全店、本部、社宅
活動内容 店舗などの緑地の植栽管理、社宅の清掃などからスタートし、人事採用ツールの制作も手掛けるようになりました。社外の方々から、障がい者雇用の大変さについて尋ねられることもありますが、一般的な雇用と変わらない、というのが私たちの見解です。従業員ひとりひとりの特性が異なるのは当たり前のことです。それに見合った業務内容や労働条件のもとで働いていただくだけのことだと考えています。
障がいを一つの個性と捉えて

「障がいを個性の一部と捉えて」という言葉を大切に「障がい者の方々と働くことが当たりまえ」という文化を作ってきました。
日常の中にあっては、働いてくださっている皆さんの障がいの種類や程度などを、事細かに覚えている必要も無いと思っています。現場は、そのようなことは関係ないですから。
大切なのは、本人達がそれぞれに「ちょっと不便、苦手だな」と感じるところを、職場のみんなで理解し解決して、普通に働いてもらうという事だと思っています。

人工透析の必要な方には、勤務時間の変更を。
コミュニケーションが苦手な方には、周囲への理解と積極的な声掛けを。
文字の読み書きが苦手な方には、配布する資料にルビや色分けを。
そしてこれらが定着すると、「この方の障がいってなんだったっけ?」となっていきます。少しの工夫で働けるのなら工夫すれば良いと思っています。

「明るく」・・・障がいをネガティブにとらえることなく、
「楽しく」・・・それぞれの職場で必要とされながら働き、
困難なことに対しても、考える・工夫することを「面白い」・・・と感じるニラクのDNAは、一緒だと感じています。

これからも、自立への支援を行っていくことを(株)ニラク・メリストの存在意義だと信じ、取り組んでまいります。

株式会社 ニラクメリスト 
取締役ゼネラルマネジャー
佐藤 淳子

ニラク・メリストのアグリ事業

アグリ事業部では、「⽥村ファーム」「横川ファーム」「七ツ池F.P.P」の3 拠点で、地域農家の指導を仰ぎながら野菜の栽培を⾏っております。発芽ニンニクなどの野菜を栽培して飲⾷店に卸すほか、「ニンニクみそ」などオリジナルの商品の加⼯・販売も⾏っています。

田村ファーム

横川ファーム

オリジナル商品
PAGETOP